法要のご案内

法要の種類

1. 初七日法要

亡くなられた日を含み7日目に行う法要です。最近では、葬儀当日に繰り上げて行われることが多いです。

2. 月忌法要

毎月、亡くなられた命日と同じ日に行う、月一の法要です。毎年1回おとずれる個人の命日を祥月命日といいます。

3. 忌明け法要

亡くなられてから49日目の法要です。宗派によっては35日目で行われる場合もあります。

4. 年忌法要

  1. (1) 一周忌(命日から1年目の法要)
  2. (2) 三周忌(命日から満2年目の法要)
  3. (3) 七回忌(命日から満6年目の法要)
  4. (4) 十三回忌(命日から満12年目の法要)
  5. (5) 十七回忌(命日から満16年目の法要)
  1. (6) 二十三回忌(命日から満22年目の法要)
  2. (7) 二十七回忌(命日から満26年目の法要)
  3. (8) 三十三回忌(命日から満32年目の法要)
  4. (9) 三十七回忌(命日から満36年目の法要)
  5. (10) 五十回忌(命日から満49年目の法要)

法要の進め方

法要の日程

年忌法要は命日または命日の前の休日に行います。本来は命日に行うものですが、仕事や親戚のことも考えて直前の休日に行うことも一般的です。命日よりも先延ばししないのがしきたりです。

法要の服装

一周忌までは正式な喪服で参加します。法要が進むにつれて服装も簡略していきます。 三回忌まではブラックスーツや黒を基調とした服装、七回忌では地味な服装であればよいでしょう。

法要の進め方

(1) 施主の挨拶
「ご参列賜りありがとうございます。○○の○回忌法要をとり行わせていただきます。」

(2) 読経、焼香
僧侶はここで参加します。

(3) 施主の挨拶
「おかげさまで法要をとどこおりなく営むことができました。別室に食事を用意しておりますので、どうかお召し上がり下さい。」

法要のご案内

「しろとり斎場」では、人数に応じてご利用いただける

忌明け法要や一周忌・三回忌などの年忌法要にご利用下さい。
故人のありし日のお姿を深く偲ばれるご法要の席を格別のお料理とおもてなしでごゆっくりとお過ごし下さい。

※土・日・祝日の法要は大変込み合いますので、お早めのご予約をお願い致します。

*

斎場での法要はこんなに便利

  • ◆会場がわかりやすく、駐車場で困らない
  • ◆食事も出来るから移動がない
  • ◆料理・引物・供物など必要なものはすべてそろう
  • ◆会員割引価格で利用が出来る
  • ◆お寺様・ご親戚への茶菓接待は女性スタッフにすべておまかせ (女性の方もゆっくりお食事を!)

法要セット料金

①会場使用量 ②法要祭壇 ③法要花 一対 ④女性接客係 一命 ①~④すべて含めて 一般価格¥50,000 会員価格¥30,000

*

その他、別途費用

◆法要料理 3,500円(税抜)より
◆引物 1,500円(税抜)より
◆上用饅頭(1個) 120円(税抜)
◆枕花(1基) 10,000円(税抜)より
◆果物籠(1対) 15,000円(税抜)より

お問合せ・ご相談・資料請求

お葬式のご相談・見積は無料です。1人で悩むまえに気軽にお電話下さい。0120-836-363 携帯・PHSからもつながります

メールでのお問合せはこちらです